日中学院校友会HOMEへ戻る

校友会の中国旅行報告(2013年)

 2012年度の校友会中国旅行は2013年2月23日から3月1日まで催行しました。参加は引率者を含めて19名でした。
旅行名:華僑の故郷広東省世界遺産開平楼閣群・梅州・潮州を訪ねる旅
主要宿泊・訪問先は広州・開平・潮州・梅州各市です。
手配旅行社は日中平和観光横浜支社(担当・添乗:手塚美寿々)です。
旅行報告はここからでも読めますが,2013年5月号と6月号の日中学院報に掲載されてます。
旅行報告以外の資料としては,ポスター申込パンフレット説明書アンケートが作成されました。 

説明・報告を読む
旅行説明 旅行報告

以下旅程にしたがって,主要な写真を掲載します。なお,個人情報の漏洩を減らすため,顔が分かる写真は極力避けています。
 2月23日(出発),24日(開平・潮州へ),25日(潮州・梅州),26日(梅州),
 27日(梅州から広州),28日(広州),3月1日(帰国)   


   主要な旅行写真
2月23日 成田発広州着・宿泊
広州では飛行機から暗い中バスで空港ビルへ ホテルは遠洋賓館
2月24日 開平碉楼見学後潮州へ,夕食・宿泊
自力村(開平碉楼)の入り口 開平碉楼の案内
碉楼の銘石楼は5階建て,上まで登れる 銘石楼の上からの展望
昼食は碉民農家荘 一番人気は鰻ご飯(ひつまぶし?)
赤坎鎮の関氏一族の専用図書館 赤坎鎮で胡麻姜糖(板状の飴菓子)の露店
夕食は潮州の南山湾潮菜館で,スープから お歳の割にはお行儀が悪い参加者の箸
元宵節で夜中まで賑わう潮州市中心部 ホテルは潮州賓館
2月25日 潮州の旧市街と広済橋,午後は梅州へ,客家の囲龍屋,夕食・宿泊
韓江沿の木綿(パンヤ科の木,潮州市花)の花 旧潮州城の城壁(左:旧市街,右:韓江)
24基の牌坊が並ぶ騎楼式建築の旧市街 韓江の対岸から広済橋と広済門・楼を見る
幅500mの韓江の向こう側の臨江酒店で昼食 意外といけた薩摩芋の唐揚げ?
梅県客家の「僑郷村」の案内図 僑郷村の客家住居「囲龍屋」
公開されている囲龍屋「南華又盧」 南華又盧の説明
梅州市中心街にあるRAMADAホテルに連泊 中西折衷の「万秋楼」で見学を兼ねた夕食
黒いのはよもぎ(艾葉)餅 客家家庭料理「釀豆腐」
客家味醂「娘酒」は正月と産後の肥立ちの薬酒 右側の一文字の読みは左側のように長い
2月26日 梅州で松口古鎮,葉剣英故居,客家博物館,嘉応大学,夕食と交流会・連泊
梅江から見た小香港と言われた松口古鎮 客家華僑はこの船着き場から世界へ向かった
葉剣英紀念園に隣接する徳和隆酒店で昼食 魚団子のスープ
葉剣英故居と市内を結ぶ専用道路「剣英緑道」 客家博物館は国家級博物館
意外と大きい建物である客家囲龍屋の模型 「我」の意味の客家文字(ngai)の前で集合写真
学生と交流した嘉応学院は今年開校100周年 構内は非常に広く,端まで徒歩20分以上かかる
金徳宝国際酒店で日本語科の先生との交流会 客家名菜「梅菜扣肉」はまたたく間に空になった
2月27日 高速で400km広州へ,昼食,南越王博物館,中山紀念館,鎮海楼,夕食・宿泊
帰路にレアアースが含まれる土テラロッサを見る 遠洋海珍酒家で高速5時間走破後の昼食
炒飯は毎食残り気味だが,意外と美味しかった 翌28日は年二回の休館日,滑り込みで見学
玄室内も立ち入り見学自由 紅絲玉衣(復元)を纏った南越二代国王の趙眛
「革命尚未成功」の遺言を残した孫中山像 広東省博物館よりましな鎮海楼の広州博物館
夕食は旭璟酒家 広州料理は何と言っても海鮮
2月28日 黄埔軍校,沙面,飲茶昼食,六榕寺,光孝寺,陳氏書院,宴会・連泊
左書きで繁体字の「國立中山大學」の門 再建された黄埔軍学校
蒋介石が居た校長室 広州の旧英仏租界「沙面」の案内図
租界の中は南欧風の情緒が豊か 広州市街を流れる珠江の分流の一つ
昼食は飲茶で有名な泮渓酒家 食べるのが惜しいくらい可愛い
蘇軾が名付けた「六榕寺」 昔は登れた六榕花塔(千仏塔) 現存の樹齢150年(?)の榕樹
光孝寺の前には物乞いが多い 信仰が生きているのか,とても煙い
陳氏書院は改修済み 文革の時ここは毛語録の印刷所になった
未婚のままの女性の個室 庭,屋根の飾りがすばらしい
月餅の老舗「蓮香楼」の二階で最後の晩餐 子豚の丸焼き
スープの入れ物は冬瓜をくり貫いてある 最後の宴会で乾杯
3月1日 帰国
朝7時に連泊した珀麗酒店に分かれを告げる 小雨の空港を飛び立つ木綿花マークの飛行機



2013年4月5日 校友会 旅行担当理事 記